8.出す

小豆・紅小豆(アズキ)

分類
マメ科ササゲ属

利尿作用があり、むくみを解消してくれます。また体の内外の毒素を消して膿を排出します。ただし豆類は消化しにくいため体質的に消化不良をおこしやすい人、あるいは老人は控えめに。小豆の煮汁は二日酔い効果があります。

皮膚の化膿や吹き出物には小豆

小豆の生薬名は赤小豆(セキショウズ)。熱をとり毒素を排出しむくみも解消します。
ただし砂糖を多く使うと甘味のとどめる作用で効果が緩やかになります。解毒、排膿を効かせる時は小豆粥、小豆スープなどがおすすめです。

中医営養学

期待される効果
甘酸/平
性味
心、小腸
帰経
利水消腫、清熱解毒、活血、排膿
効能
むくみ、小便不利、体が重だるい
適応

赤小豆(セキショウズ)

期待される効果
甘酸/微寒
性味
心、小腸
帰経
利水消腫、清熱利湿、解毒排膿
効能

本草綱目

赤小豆:甘酸/平 下水腫、排廱腫膿血。療寒熱、熱中、消渇。止泄痢、利小便

小豆の煮汁は解毒薬

赤小豆は微寒の性質で下行し湿熱を外にだします。また心小腸に入り火を降ろして清熱解毒をする働きがあります。
古来より中国では小豆の煮汁は解毒薬として使われたため、日本でも初めは薬として用いられていました。

小豆は夏に黄色い花を咲かせます。

解毒、排毒の効果を高めたい時は。
赤小豆(セキショウズ・アズキ)薏苡仁(ヨクイニン・ハトムギ)とあわせて使います。