薬香草園|埼玉・生活の木メディカルハーブに特化した施設で心身ケア

ハーブを生活にとりいれるキッカケになる場所

ハーブは西洋のイメージがありますが、実は漢方の生薬でも、薬膳の食薬でもハーブを使います。この記事では薬膳の効能は横に置き、ハーブを育てたい、料理や生活に使いたい、でもどうしたらよいのかしら?と悩む時に訪れたい施設のご案内です。

場所は埼玉県飯能市。飯能美杉台の一角に「薬香草園メディカルハーブガーデン」はあります。
運営はハーブ、アロマテラピーなどの製造販売やカルチャースクールを行う生活の木。世界中のパートナーファームからこだわった素材でつくられた製品を約110店舗の直営店で販売しています。(本店は東京原宿表参道)

ハーブを見る、学ぶ、育てる

メディディカルハーブガーデン薬草香園は、スクールやショップなどを併設した体験型の施設。
エントランスの扉を開けると落ち着いた空間の販売スペースが広がります。ここでは生活の木の商品がゆったり配置されているのでハーブ、アロマ、化粧品などを試しながら選べます。そこをぬけて次の扉を開けると200種以上のハーブたちが育つ庭園に着きます。

「薬香草園」は旬のハーブを見たり案内板に書かれた植物名とQRコードでハーブを学ぶことができ、そして花が咲く季節に訪れると最高の香り体験を楽しむことができます。

チャイブ

ハーブを育てたいと思ったら、園内中ほどのメディカルハーブハウスに行くと、販売所でハーブ苗を購入することが出来ます。キッチンハーブ、メディカルハーブ、季節のハーブなどわかりやすく区分けされ、植木鉢、ハーブに適した土、育て方まで丁寧に教えてくれるので安心です。

ヒーリングの丘で芳香浴

開放的なところで心身を癒したい時はヒーリングの丘でゆっくり休みましょう。柑橘系の木々、季節の花、ハーブの中でも香りのよい品種に囲まれた場所で芳香浴ができます。
この場所を歩くだけでもフレッシュな植物の香りを身体にとりこみ、自然に生きる植物から天然の芳香浴ができるハーブ療法的な場所です。


ハーブ職人が作るパンを味わう

ランチは飲食スペースやテラスを利用することができます。ハーブを活かしたオリジナルパン、焼菓子、ケーキ、自家製コーラなど園内で購入し、ハーブガーデンが見渡せるところで時間を過ごすと目や肩の疲れがほどけ、五感のリラクゼーションにもなります。

収穫ハーブで蒸留体験

ハーブに実際に触れたい時はハーバルライフカレッジへ。
体験講座ではハーブからエッセンシャルオイルとフローラルウォーター(芳香蒸留水)を抽出する様子を見学したり水蒸気蒸法の仕組みを学ぶことができます。そして抽出されたエッセンシャルオイル、フローラルウォーターを使用した手作りの化粧品の実習も体験できます。講座募集などの詳細はホームページをご覧ください。

入園料:無料
駐車場 :無料駐車場あり(約39台)

薬香草園Web:https://www.treeoflife.co.jp/garden/
Instagram:https://www.instagram.com/treeoflife_garden/

関連記事