分類
クルミ科クルミ属

クルミは栄養価が高くエイジングケアと滋養強壮に優れた食材です。腎を補い、腰痛、耳鳴り、滋養強壮、老化を緩やかにする働きがあります。また肺と腎の働きをよくするので、慢性の咳、便秘にも有効です。

クルミに秘められた健脳効果

薬膳には「以臓補臓」(いぞうほぞう)という理論があります。どこかの「臓」が不調の時、動物の同じ部位を食べることで「臓」の働きを補うという考え方です。例えば血を貯蔵する「肝」に不調があり、貧血症状が出たときは動物の「肝」レバーを食べ貧血を改善します。
この理論を応用し、脳みそと同じような形状のクルミは「ブレインフード(健脳食)」の代表的な食材として薬膳では使われます。

中医営養学

期待される効果
甘/温
性味
肺、腎、大腸
帰経
補腎温陽、固精強腰、健脳
効能
腎陽虚証、腰痛、足腰衰え、インポテンツ、健忘
適応

本草綱目

甘/平または温 肥健潤肌 黒鬚髪
多食:利小便 去五痔。補血養血、潤燥化痰、益命門、利三焦、温肺潤腸。