6.補う

山芋/長芋(ヤマイモ・ナガイモ)

分類
ヤマノイモ科ヤマノイモ属

ヤマノイモは抜群の滋養強壮効果があり虚弱な体質を改善し精神を安定させる手助けをします。肌を潤し、衰弱した肺機能を高め、胃腸を丈夫にします。形状のことなるものがありますが、長芋、やまといも、天然薯も同じ仲間です。

元気をつける山芋・長芋

肺、脾、腎に働き気血津液をまんべんなく補い消化もよく養生に適した食材です。「山のうなぎ」と呼ばれるほどスタミナ満点で、その効果は慢性の下痢、食欲不振、喘息、そして滋養強壮、疲労回復にも働きます。

中医営養学

期待される効果
甘/平
性味
肺、脾、腎
帰経
益気養陰、養胃、補脾止寫
効能
疲労、足腰の弱り、頻尿、不眠、咳
適応

本草綱目

山薬:甘/温または平 傷中、補虚痩、除寒熱邪気、補中、益気
むかご:甘/温 補虚損、強腰足、益腎、不飢

尿漏れに「むかご」

ヤマノイモは他の木に蔓をからませて伸びていく蔓性の植物で、細長いハート型の葉っぱが特徴です。
ツルにできる「むかご」は茎の一部が丸く太ってできたもので、土の中にできる芋と同じ仕組みです。地面に落ちると翌年の春に芽を出してヤマノイモとして育ちます。

老人の尿漏れには「むかご」を煮てやわらかくなったら皮をむき、砂糖をかけて食べるとよいです。